愛知野球通信+

西濃運輸-日本製鉄東海REX 観戦記(2024年JABA東海地区春季大会)

3月24日に岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで行われた第2試合、西濃運輸-日本製鉄東海REXの観戦記です。
初戦でトヨタ自動車にいい形で勝った西濃運輸がその勢いのまま、この試合も優位に進めました。

西濃運輸
000040200|6 H12 E0
000000001|1 H4 E1
日本製鉄東海REX

西濃運輸
森岡(20)、野田(15)-城野、佐藤
日本製鉄東海REX
荒木雅(28)、村越(19)、続木(16)、葛谷(29)、加藤優(13)-阿保、中川

投手成績

西濃運輸

森岡大輔 7回 96球 被安打2 四球3 三振4 失点0

野田晃誠(大垣日大-愛知東邦大 4年目) 2回 32球 被安打2 四球1 三振2 失点1

日本製鉄東海REX

荒木雅玖 4回2/3 80球 被安打6 四球2 三振1 失点4

村越祐野(石川-駒澤大 3年目) 1回1/3 22球 被安打2 四球0 三振1 失点0

続木悠登(横浜商大-日大国際関係学部 6年目) 1回 28球 被安打3 四球0 三振0 失点2

葛谷拓巳(県岐阜商-朝日大-日本製鉄鹿島 6年目) 1回 10球 被安打1 四球0 三振0 失点0

加藤優弥 1回 14球 被安打0 四球0 三振2 失点0

(出場選手)

西濃運輸

9左向(24) 6北野(6) D野崎(28)→R渡邊(4)→D 5小中(10) 8原田(31)→7 2城野(2)→2佐藤(22) 7住谷(9)→H河田(26)→8 4宮田(7)→H修行(33)→4家田(5) 3福山(8)

日本製鉄東海REX

9山本(9) 4古川(5)→H吉村(26)→4 5平野晴(4) D筒井(1) 8大塚(2) 3金子(23) 7長南(10) 2阿保(22)→H岡田(0)→2中川(27) 6平野翔(6)→H宮坂(24)→6荒木誠(9)

(試合経過)

1回表、1死1,3塁から4番小中が2ゴロ併殺打。チャンスを活かせず。
5回表、1死2塁から9番福山がタイムリー。2死2,3塁からワイルドピッチで1点。2死3塁から3番野崎がタイムリー。ここでピッチャー交代、村越。2死1,2塁から5番原田がタイムリー。この回西濃運輸が4点先制。4-0
7回表、ピッチャー交代、続木。2死3塁から3番野崎がタイムリー2ベース。4番小中のタイムリー2ベース。2点追加。6-0
8回表、ピッチャー交代、葛谷。
8回裏、ピッチャー交代、野田。
9回表、ピッチャー交代、加藤優。
9回裏、2死3塁から6番金子がタイムリー。6-1
西濃運輸が快勝。

総評

西濃運輸が快勝。

先発の森岡投手がかなり球威があり、MAX146kmをマーク。元々スライダーがいい投手でしたが、まっすぐは140km前後だった印象だったので、ちょっと驚くくらいのまっすぐの良さでした。7回まで無失点に抑え、危なげないピッチング。今年はかなり頼れそうな内容でした。

野田投手も昨年よりも球威が上がり、西濃運輸の投手陣の状態の良さを感じる内容。

打線はこの日は野崎選手が4打数4安打の大暴れ。4番の小中選手も初回のゲッツーは痛かったですが、その後は2安打1四球と活躍。中軸が好調なので、ここに回せば、という形が出来ているのが心強いですね。

日本製鉄東海REXは荒木雅投手が144kmをマークして、球威はあったのですが、味方の援護が無い中で5回に捕まり、村越投手も抑えきれずに4点を失ったのは痛かった。

打線も9回に1点取って完封を逃れるのがやっと。ちょっと厳しい戦いとなりました。

最後に投げた加藤優投手がMAX146kmで2奪三振と結果を出したのが収穫。打線を引っ張る選手に出てきてほしいですね。

ピックアップ選手

西濃運輸 森岡 大輔 投手(大谷-神戸学院大 3年目)

先発して7回を無失点。MAX146kmをマークし、去年からみるとかなり球威が上がりました。スライダーの切れは元々一級品ですが、まっすぐが速いとより活きてくる印象。活躍次第では注目が増しそう。

西濃運輸 野崎 大地 内野手(敬徳-久留米工業大 7年目)

3番DHで出場し、4打数4安打の大暴れ。今大会ではかなり状態が良く長打も打てています。

西濃運輸 小中 健蔵 内野手(九産大九州-西南学院大 2年目)

4番サードで出場。2安打1四球と活躍。欲を言えば初回のチャンスで1点取りたかったですが・・・。サードも無難にこなしていました。攻守でアピールしていきたいですね。

日本製鉄東海REX 加藤 優弥 投手(金沢龍谷 4年目)

9回にマウンドに上がり、三者凡退。2奪三振とまっすぐで押せていました。MAX146km。かなり寒かったので、これだけ出力が出てきたのはいい傾向。150kmを出してアピールしたいですね。

日本製鉄東海REX 荒木 雅玖 投手(海星-九州産業大 2年目)

先発して4回までは無失点。MAXも144kmをマーク。ただ、中盤で踏ん張り切れなかったので、もう少し粘りたいところ。

日本製鉄東海REX 筒井 太成 外野手(履正社-近畿大 2年目)

4番DHで出場。1安打1四球でしたが、凡退した打席も内容は良かった。広角に打てる打撃が光る。

西濃運輸 佐伯尚治監督 談話

(残り 313文字/全文: 2313文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ