愛知野球通信+

皇學館大-中部学院大 観戦記(2024年東海地区大学野球春季選手権大会)

5月25日に長良川球場で行われた第2試合、皇学館大-中部学院大の観戦記です。
皇学館大は後がない一戦。中部学院大相手にどういう戦いを見せるか注目して観戦しました。

皇学館大
000100110|3 H9 E2
02010021X|6 H9 E1
中部学院大

皇学館大
杉浦(11)、佐野(21)-床辺

中部学院大
長倉(19)、古澤(20)、冷水(15)、小川(14)-竹中

投手成績

皇学館大
杉浦到磨(愛知啓成 4年) 2回1/3 33球 被安打4 四球0 三振0 失点2

佐野瑠勇 5回2/3 102球 被安打5 四球3 三振4 失点4(自責点1)

中部学院大
長倉幸佑(浜松工 4年) 4回 68球 被安打5 四球1 三振2 失点1

古澤祐希 2回2/3 59球 被安打2 四球3 三振3 失点1(自責点0)

冷水秀輔(耐久 3年) 1回1/3 25球 被安打2 四球1 三振1 失点1

小川夢叶(栄徳 4年) 1回 10球 被安打0 四球0 三振1 失点0

(出場選手)

皇学館大
7浅井(1) 8小阪(2) 2床辺(22) D濱野(8) 3川合(25) 5生田(9) 6村田(24) 4小林(10)→H木本(4)→R鈴木(26)→4 9出口翔(43)

中部学院大
8佐藤(2) 9田中(1) 5森(10) D榎田(5) 7江川(3)→7西村(24) 6林(4) 3元山(6) 2竹中(27) 4桂(7)

(試合経過)

2回裏、無死3塁から5番江川がタイムリー。更に2死3塁から8番竹中がタイムリー。中部学院大が2点を先制。2-0
4回表、1死1,3塁から6番生田が犠牲フライ。2-1
4回裏、1死1,3塁から6番生田の犠牲フライ。3-1
5回表、ピッチャー交代、古澤。
7回表、2死満塁から3番床辺に押し出し四球。ここでピッチャー交代、冷水。3-2
7回裏、1死1,2塁からタイムリーエラーで1点。尚も1死1,2塁から4番榎田のタイムリー2ベース。5-2
8回表、1死から6番生田がソロホームラン。5-3
8回裏、無死1,3塁から9番桂のセーフティプッシュスクイズが成功。6-3
中部学院大が逃げ切りました。

総評

中部学院大が常に先手を取る展開。反撃を許してもすぐにまた点を取っていましたし、試合内容はよかったように見えるのですが、どちらかというと皇学館大の粘りに苦しんだ、という試合でした。

どうしても次の試合のことを考えると宮島投手は当然として、小川投手も出来れば使いたくない試合。そんな中長倉投手が早めに降板。古澤投手が好リリーフを見せてチームを救ったのですが、それでも3イニング目に疲れが出て冷水投手を投入。最後小川投手を1イニング使わざるを得なくなりました。

それが微妙に3試合目にも影響したんですよね。まぁそれだけ粘った皇学館大もお見事だったと思うのですが。

皇学館大も積極的に足を使うなど、何とかしよういう意図は感じました。7回表に1点差に迫って尚も2死満塁で1本出ていれば・・・。

失点にエラーも絡んでいましたし、こういう大きな試合ではそのあたりが影響してしまう。この経験を秋に活かしてほしいですね。

床辺選手の奮闘が光る2試合でした。改めていい選手だなと感じました。

ピックアップ選手

皇学館大 床辺 翔太郎 捕手(皇學館 4年)

3番捕手で出場。1安打1四球で、押し出しで打点を挙げました。守備での貢献度も高く、最後は脚に痙攣をきたしていましたが、何とか最後まで出場しました。スピードもあるし好選手だなと改めて感じました。

皇学館大 川合 爽斗 内野手(愛工大名電 3年)

5番1塁で出場。2安打1四球と活躍。打撃の良さが光りました。

皇学館大 生田 圭汰 内野手(宇治山田商 4年)

6番サードで出場。8回にホームランを放ち、犠牲フライと合わせて2打点。

皇学館大 村田 貴俊 内野手(木本 3年)

7番ショートで出場。打撃では2四球での出塁でしたが守備の動きが良く、楽しみな選手。

皇学館大 佐野 瑠勇 投手(神戸 4年)

3回途中からロングリリーフ。ランナーは出しながらも粘りの投球で中部学院大打線にしっかりと立ち向かいました。エラー絡みでの失点がなければ分からなかったですね。

中部学院大 榎田 玲也 内野手(市和歌山 4年)

4番DHで出場。3安打の猛打賞で7回には貴重なタイムリー2ベースを放つ。

中部学院大 桂 飛勇己 内野手(高野山 4年)

9番セカンドで出場。4回に3点目のタイムリー。8回には鮮やかやプッシュセーフティスクイズを決めて2打点。相手を突き放す活躍でした。

中部学院大 古澤 祐希 投手(市立呉 3年)

6回からリリーフに上がり、2イニングをテンポよく抑えました。もう1イニングいけると良かったのですが、サイドハンドからの強い球は特徴があって武器になりますね。

皇学館大 森本進 監督 談話

(残り 455文字/全文: 2330文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ