愛知野球通信+

日大国際関係学部-中部学院大 観戦記(2024年東海地区大学野球春季選手権大会)

5月25日に長良川球場で行われた第3試合、日大国際関係学部-中部学院大の観戦記です。
勝った方が優勝というシンプルな状況になりました。

日大国際
000003020|5 H5 E0
003200001|6 H12 E1
中部学院大

日大国際
大江(18)、山本(11)、齋藤(22)、高田(21)-青島、石川

中部学院大
宮島(17)、小川(14)-竹中

投手成績

日大国際
大江立樹(健大高崎 4年) 4回 74球 被安打7 四死球2 三振1 失点5

山本悠介(作新学院 4年) 1/3 5球 被安打2 四球0 三振0 失点0

齋藤恒太(翔凛 4年) 3回 49球 被安打1 四死球4 三振0 失点0

高田基人(関東一 3年) 1回 8球 被安打2 四球0 三振0 失点1

中部学院大
宮島拓斗 7回2/3 142球 被安打4 四死球5 三振6 失点5(自責点3)

小川夢叶 1回1/3 23球 被安打1 四球0 三振3 失点0

(出場選手)

日大国際
7川腰(2) 8篠田(10) 9大豆生田(34) 2青島(5)→2石川(27) D水野(9) 4足立(1) 3古川原(39)→3梶山(8) 5池上(4) 6内田(6)

中部学院大
8佐藤(2) 9田中(1) 5森(10) D榎田(5)→R辰嶋(37) 7江川(3) 6林(4) 3元山(6) 2竹中(27) 4桂(7)

(試合経過)

3回裏、2死2,3塁から4番榎田が先制3ランホームラン。中部学院大が3点を先制。3-0
4回裏、1死満塁から1番佐藤のゲッツー崩れの間に1点。2死満塁からワイルドピッチで1点。5-0
5回裏、ピッチャー交代、山本。1死2,3塁でピッチャー交代、齋藤。
6回表、1死1,2塁から2番篠田のタイムリー2ベース。1死2,3塁から3番大豆生田が犠牲フライ。2死1,3塁から5番水野がタイムリー。5-3
8回表、2死満塁でピッチャー交代、小川。6番足立が2点タイムリー。5-5の同点に追いつく。
8回裏、1死1,2塁でピッチャー交代、高田。
9回裏、1死3塁から6番林のタイムリーで中部学院大がサヨナラ。3季連続の東海地区大学リーグ制覇を果たしました。

総評

3回裏に4番榎田選手が左中間の深いところの中段まで運ぶ3ランホームラン。4回裏にも追加点を奪って5-0。コールドすら見える状況で5回の整備を迎えます。

そこから後半に入ったのですが、宮島投手がきわどいボールを取ってもらえないうちにリズムを崩し、6回表に3失点。8回にも同じような感じで四球を出した後にエラーも絡んで2死満塁で降板。小川投手が2点タイムリーを浴びて同点という、中部学院大にとっては厳しい流れとなります。

それでもしぶとく負けないのが今年の中部学院大の特徴。9回裏に先頭の榎田選手が2ベースを放つと、送って1死3塁から6番林選手がサヨナラタイムリー。タイブレークは今季4戦全勝とはいえ、何が起こっても不思議ではないのがタイブレーク。その前に決着がついてよかったです。

中部学院大は宮島投手がよく投げました。小川投手も第2試合に続いての連投で同点打こそ浴びたもののそこからは0点で踏ん張る。

打線は森選手がブレーキでしたがそれを他の選手でカバー。榎田選手はMVPにふさわしい活躍でした。
日大国際もなんとか見極めてランナーに出ようとチーム全体が打席でしぶとく粘る。8回に追いついた際もなんとかランナーを溜めて、打った足立選手が素晴らしかった。

青島選手が頭に死球を受けるアクシデント。最後グランドにいたらまた違ったかもですね。

何にしても長い1日。両チームとも選手、関係者のみなさま、お疲れ様でした。

中部学院大はこの粘りを全国でもみせてきてほしいですね。

サヨナラの優勝シーンはやっぱり写真映えしますね。

最後の閉会式の様子

ピックアップ選手

日大国際関係学部 安立 海輝 内野手(宮崎日大 4年)

6番セカンドで出場。2安打のマルチで土壇場の8回表に同点となる2点タイムリー。執念の一打がすごかった。

日大国際関係学部 篠田 渉太 外野手(拓大紅陵 4年)

2番センターで出場。6回に反撃の口火を切るタイムリー2ベース。主将の意地の一打でした。

日大国際関係学部 水野 源章 内野手(千葉明徳 3年)

5番DHで出場。6回表にタイムリー。2四球もあり、打撃での貢献度が高かった。

中部学院大 榎田 玲也 内野手(市和歌山 4年)

4番DHで出場。ホームランは左中間の深いところに中段まで運ぶ見事な打球でした。最終回も先頭で2ベースを放ち、サヨナラのお膳立て。文句なしのMVPでした。

中部学院大 林 孝介 内野手(いなべ総合 4年)

6番ショートで出場。最後、3-1から上手く捉えてセンターへサヨナラタイムリー。この試合では3安打2犠打と全打席で活躍。

中部学院大 宮島 拓斗 投手(興国 4年)

5回までは危なげない投球。6回から急に狭くなったゾーンに苦しみ、6回表に3失点。8回途中で降板しましたが、試合を作った投球はさすがでした。

中部学院大 桂 飛勇己 内野手(高野山 4年)

9番セカンドで出場。3安打1死球と大活躍。この人が9番にいるのは相手にはやっかいですね。

中部学院大 小川 夢叶 投手(栄徳 4年)

8回表、2死満塁でマウンドへ。いきなり同点タイムリーを浴びるもそこからは三振を3つ奪い、最終回の攻撃につなげました。球威と落ちる球で抑え込む投球がさすがでした。

中部学院大 間宮大貴 監督 談話

(残り 670文字/全文: 2798文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ