バスケットボール・クラッチ

2019.9.4 PSG ブレックス対琉球ゴールデンキングス戦(試合レポート) 

 

9月4日、清原体育館でプレシーズンゲーム、琉球ゴールデンキングス戦が行われました。この日は、結構涼しかったのですが、清原体育館内は熱気ムンムンでとっても暑かった~~! 今回は、この日の試合レポートを伝えします。(ライター:ずんた)

 

第1Q(クオーター)序盤から、まさかの琉球に連続得点を許す展開に。

琉球ペースの試合展開の中、ブレックスは喜多川の3ポイント、ギブスのフリースロー、そして遠藤の連続シュートでブレックスペースに持ち込み、怒涛の追い上げをみせる。残り25秒で同点に追いつき、その後フリースローを決めて3点リード。1Q終了間際に琉球のスコットにシュートを決められ、18-171点リードで1Qを終えた。

しかし、続く第2クオーターも立ち上がりは琉球ペースに。田原の3ポイントシュートでブレックスペースに持ち込めそうだったが、ここで琉球がタイムアウト。そこから、激しいディフェンスと左右に大きくパスで振る攻撃で琉球ペースに持ち込まれそうになるが、鵤の3ポイントシュートや、ロシターのリバウンドやカットインなどの積極的なプレー、すでにチームファール5となっている琉球からもらったフリースローなどで追い上げをみせる。2Qは、32-364点ビハインドで終了となった。

(残り 1007文字/全文: 1551文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ