nines WEB

【コラム】高校野球秋の大会 1年生投手が大きな戦力に

高校野球秋の県大会は、上田西の優勝で幕を閉じた。夏の甲子園出場メンバーからほぼ一新。決して前評判が高かったわけではなかったが、躍進の要因の一つに1年生投手の成長が挙げられる。

↓ 上田西のエース百瀬。ボールに力があった

上田西に限らず、県大会出場校にはエースやキーマンとして1年生投手の活躍が目に付いた。いずれも180㌢あるような大型投手ではないが、120㌔中盤から130㌔中盤のストレートと、低めへの変化球を制球良く放れてゲームメークできた。

上田西の宮下泰征や東京都市大塩尻のエース城倉琉衣や松商学園のエース櫻井直道ら2年生投手の奮投はもちろんだが、今回は1年生投手にスポットを当てた。

▼本文はこちら▼
(有料会員限定)

(残り 864文字/全文: 1171文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ