nines WEB

【高校】長野大会 小諸商が清陵・岩井を攻略、シード松本一敗れる 7月8日

第106回全国高校野球選手権長野大会
(県営上田、セキスイハイム松本、長野オリスタ、しんきん諏訪湖)

2回戦12試合を行った。第8シード松本第一は長野商に5-6でサヨナラ負け。注目の第7シード小諸商―諏訪清陵は、小諸商が4点ビハインドを逆転し9―4で難敵を退けた。

8日までにシード8校がすべて登場した。上田西と松本一の2校が初戦敗退となったが、ともに対戦相手が実力校だっただけに波乱の序盤戦とは言い難い。

【諏訪湖】
▽2回戦
諏訪清陵
022000000 4
00017001X 9
小諸商
諏)岩井―茅野
小)依田、東海林―油井
本=岩井(諏)、油井(小)
二=宿岩(諏)、角田、油井2、小林(小)

↓ スタメン

↓ 校歌を歌う小諸商

↓ 初戦に臨む諏訪清陵

※リポート&フォトギャラリーあり(会員サイト)

小諸
3121110 9
0000002 2
南安曇農
小)杉山、金井―高橋
南)須澤―坪田
三=恒川(小)
二=杉山、高橋(小)西澤(南)

↓ スタメン

↓ コールド勝ちを決めた小諸ナイン

↓ 試合終了の挨拶を終えベンチに戻る南農ナイン

※リポート&フォトギャラリーあり(会員サイト)

松本深志
100000100 2
000001000 1
長野吉田
松)大月、縣―古川、中村
長)坂口―関原
二=笹野(松)、新井、櫻井、酒井(長)

↓ スタメン

↓ 9回の大ピンチをしのぎ逃げ切った松本深志

↓ 競り負けた長野吉田

※リポート&フォトギャラリーあり(会員サイト)

【長野オリスタ】
▽2回戦
長野俊英10-0上田
(6回コールド)
〇…第4シード俊英が6回、羽片主将の満塁弾などで9得点しコールド勝ち。俊英エース伊東は被安打1。

野沢北4-1伊那北
〇…3番中山の3ランで先制した野沢北が逃げ切った。

飯田OIDE長姫9-4ウェルネス長野
〇…ともに春予選敗退も実力校同士の対戦は、投手戦の末に1-1で延長タイブレークに。1点ずつ取り合って11回、OIDEが7点を勝ち越して逃げ切った。

【県営上田】
▽2回戦
佐久長聖8―0岡谷南
〇…第5シード長聖は13安打8得点もコールドならず。3人の継投で被安打2、与四死球は1。

辰野5-2田川
〇…辰野は8、9回に5点を奪って逆転勝ち。エース小田切が2失点完投した。

屋代9―4諏訪実
〇…後半に再逆転した11安打の屋代が、1、2年生だけの諏訪実を振り切った。

【松本】
長野商6―5松本第一
〇…春の中信覇者で第8シード松本一と、秋県1勝の長野商との注目の一戦。中盤までは長商リードも9回表に松本一が2点差を追い付き5-5の同点に。しかしその裏、長商は2番山田の適時二塁打でサヨナラ勝ちした。

丸子修学館12―0長野南
(5回コールド)
〇…春県出場の丸子が15安打、うち7本の長打攻勢で圧倒した。

飯田10―0須坂創成
(5回コールド)
〇…秋春県出場の飯田が、3番今村の先制3ランなどで大勝した。

▼リポート&フォトギャラリー▼
(有料会員限定)

(残り 1969文字/全文: 3145文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ