nines WEB

【高校】長野大会2回戦 松商、赤穂はコールド発進 7月9日

第106回全国高校野球選手権長野大会
(県営上田、セキスイハイム松本、長野オリスタ、しんきん諏訪湖)

4会場で2回戦8試合を行った。昨秋県3位の松商学園、同県8強の赤穂のともにノーシードの有力校が、コールド勝ちで初戦を突破した。開幕ゲーム(1回戦)に勝利した飯山は早くも2試合目となる2回戦も突破した。

【上田】
上田東
01100000 2
02001204x 9
飯田風越 (8回コールド)
上)小宮山―箱山
飯)後藤―池内
二=箱山、比田井千(上)、北村(飯)

↓ スタメン

↓ 初戦突破の飯田風越

↓ 敗れて引き揚げる上田東ナイン

※リポート&フォトギャラリーあり(会員サイト)

松商学園
12000125 11
00001000 1
長野 (8回コールド)
松)櫻井、森田―羽生田
長)鈴木、坂口―小嶋
本=伊東大(松)
三=田中(松)
二=丸山、伊東大、清水、羽生田(松)、丸山(長)

↓ スタメン

↓ 4点目を上げた松商ベンチ

↓ 敗戦に肩を落とす長野ナイン

※リポート&フォトギャラリーあり(会員サイト)

【長野オリスタ】
▽2回戦
上田染谷丘27―0下高井農林
(5回コールド)
〇…22安打の染谷丘が大勝。

梓川8-7富士見・箕輪進修
〇…序盤からシーソーゲームは9回表に富士見・箕輪が1点勝ち越すもその裏、梓川は3番神部、4番中西主将の連続長打を足掛かりに逆転サヨナラ勝ち。

【松本】
▽2回戦
塩尻志学館10―0地球環境
(5回コールド)
〇…昨夏16強メンバーが多く残る志学館が序盤から主導権を握り完勝。

赤穂8-0更級農(7回コールド)

〇…ともに秋は県大会に出場し、赤穂は8強、更農は1勝の実力同士の対戦も、赤穂が中盤に更農エース春原を攻略し13安打の赤穂がコールド決着。

【諏訪湖】
▽2回戦
松川9―0松代
(7回コールド)
〇…8安打の松川が6四死球を絡め効果的に得点し、1年生4人スタメンの松代に快勝。

飯山12―7岩村田
〇…2戦目となる飯山は初回から得点を重ねた一方、昨秋県大会出場の岩村田も中盤に反撃。結局17安打の飯山が突き放し、この夏2勝目を飾った。

▼リポート&フォトギャラリー▼
(有料会員限定)

(残り 1959文字/全文: 2821文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ