柳下毅一郎の皆殺し映画通信

『貞子DX』 白い服に黒く長い髪、テレビからこんにちわの貞子さん。VHSが世の中から消えても、貞子は映画に呼ばれつづける

 

皆殺し映画通信10周年記念イベント
『10周年だよ、全員集合! 死して屍拾うものなし』
開催のお知らせ(12/3)

 

公式サイトより

貞子DX

監督 木村ひさし
脚本 高橋悠也
世界観監修 鈴木光司
撮影 葛西誉仁
音楽 遠藤浩二
主題歌 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
出演 小芝風花、川村壱馬、黒羽麻璃央、八木優希、渡辺裕之、西田尚美、池内博之

 

日本の誇るホラー・アイコン貞子。Jホラーの世界的ブームでいろんなことがあったが、最終的に生き残ったのは貞子ただ一人だったのかもしれない。白い服に黒く長い髪、テレビからこんにちわの貞子さんである。VHSが世の中から消え、「呪いのビデオ」が都市伝説はおろか昔話になってしまっても、貞子は映画に呼ばれつづける。だがいくら往年のスターだとは言っても、最近は少々扱いが軽いのではなかろうか。相当の低予算映画と思われ、ついに鈴木光司は「世界観監修」という謎クレジットになってしまった『貞子DX』では、貞子そのもののアイデンティティまで疑われる事態に立ち至った。

 

 

 

IQ200の天才女子大生一条文華(小芝風花)は、テレビの都市伝説検証番組に出演する。話題は最近巷で話題の「呪いのビデオ」。なんでもビデオを見てしまうときっちり24時間後に突然死するとかで、全国で謎の突然死が大流行中だという(これがまたみんなビデオデッキ持ってるんだわ)。これに対して人気霊媒師kenshin(池内博之)が「この呪いがインターネットに広がったら、人類は滅びるかもしれない!」とかますと、すっくと立った文華、

「呪いなんて非科学的なものは存在しません! どうせプラセボ効果かサブリミナルメッセージが仕込まれてるとかですよ。すべては科学で解明できます!」

と駄目な大槻教授みたいなことを言いだす。「いやあかしこいお嬢さんにはかないませんな」と余裕の笑みだったkenshin、楽屋に戻ると、

「実はうちの事務所にも『呪いのビデオ』のダビングが送られてきたんですよ。この謎を解いてもらえませんか?」

と白箱のビデオを渡す。文華は「呪いなんてあるわけないでしょ」と歯牙にもかけないでいたが、気になっていた妹双葉(八木優希)が押し入れからわざわざビデオデッキを引っ張り出して「呪いのビデオ」を見てしまう。ビデオには特におもしろい映像が入っているわけではなく、井戸の底にいた貞子の主観映像。そのまま井戸の内側を這い登って、出てくるとそこは一条家の前だった。え、貞子そこにいるの!?と思った瞬間にビデオが終わる。そこだけはアップデートされてるのね。あー怖かったけど何もなかったね、と寝てしまった双葉、いやそこでいきなりビデオに自分の家が写ったことに注目しようよ! 翌日、学校に行った双葉、校内で謎の人物に追いかけられていることに気づく。白いぞろっとした服を着た……おっさん。あわてて文華に電話する双葉。

「なんか静岡のおじさんがいるんだけど……」

え、静岡のおじさん入院してるでしょ? だが双葉にしか見えないその汚いおっさんは徐々に近づいてくる。これは呪いか……!? っておまえ『イット・フォローズ』見ただけだろ! 文華は「貞子の呪いは進化している! 身近な人の姿をとって油断させて近づこうとしてるんだ!」とか言いだすのだが、ウイルスの進化とか弱毒化とかいう話にからめて貞子ウイルスの進化を説明しようとする文華の疑似科学思考がそもそもヤバい。貞子も『イット・フォローズ』見るのはいいけど、そういうことをしちゃうともうテレビからも出て来ないし長い黒髪ですらなくなってしまうわけで、そこのアイデンティティまでなくしてしまってもはや何が貞子なのかもわからない。別にパロディにするならすればいいけど、これもう貞子でやる意味なくね?

 

 

皆殺し映画通信10周年記念イベント
『10周年だよ、全員集合! 死して屍拾うものなし』
開催のお知らせ(12/3)

 

 

 

(残り 1876文字/全文: 3583文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: EXILE TRIBE 三代目 J SOUL BROTHERS 八木優希 小芝風花 川村壱馬 木村ひさし 池内博之 渡辺裕之 葛西誉仁 西田尚美 遠藤浩二 鈴木光司 高橋悠也 黒羽麻璃央

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ