OKINAWA Island Hoops

桶谷大HC、一人のコーチとして感じる戦術以外の“自身の変化”(後編) 【開設記念インタビュー第三弾】

 昨シーズン、Bリーグで初優勝を果たした琉球ゴールデンキングス。

 今シーズンも現時点で勝率7割を超え、西地区首位を走る。ただ、成績ほど順風満帆ではない。個の存在感が際立つヴィック・ローの加入や、アルバルク東京で2連覇を経験しているアレックス・カークの帰化など戦力が充実する一方、連係を深めるのに苦心。昨年10月の開幕から長い時間をかけ、少しずつ成熟度を高めてきた。

 これまでの戦いをどう評価し、どのような決意でレギュラーシーズン最終盤に向かうのか。現在、チームとして最大の目標はチャンピオンシップ(CS)でのホームコートアドバンテージを獲得することだが、リーグでNo.1の集客力を持つ沖縄アリーナの大声援はチームにとってどのような力になっているのか。

 「OKINAWA Island Hoops」の開設を記念し、クラブによる選手やHCへのインタビューに、独自の聞き取りを追加した一問一答をお届けする。

 最後の第三弾は、bjリーグ、Bリーグでキングスを頂点に導いた桶谷大HC。後編では、自身のコーチングスタイルや選手のキャリアについての考え方などを聞いた。

インタビューは313日付け

目次

・最初が「50」でも、最後に「100」になるコーチング

・選手のキャリアを「背負っている」という意識

・コーチとして、思考が「組織や人をどう育てるか」まで広がる

最初が「50」でも、最後に「100」になるコーチング

ーーー前編で出てきたコーチングの話で、自身は「選手の個性を生かす」という話をしていました。なぜそのようなスタイルを取っているのでしょうか。

(残り 2150文字/全文: 2810文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ