バスケットボール・クラッチ

佐々宜央HC「3週間のブレイクを味方に」インタビュー・コラム

 2022-23シーズンが開幕し、9試合を実施。3連敗からスタートしたブレックスは、その後、大阪エヴェッサに1勝、仙台89ERS2連勝し、33敗でホームに戻った。しかし、ホーム開幕戦となったアルバルク東京戦、千葉ジェッツ戦で連敗を喫し、現在36敗となっている。今シーズンから指揮を執る佐々宜央ヘッドコーチ(HC)に、これまでの試合を振り返りながら、今後の改善点などを聞いた。(文・写真/藤井洋子)

 

開幕戦(1012日)の相手は、昨シーズンのチャンピオンシップ(CS)ファイナルで、死闘を繰り広げた琉球ゴールデンキングス。1戦目は5281と大差を付けられて敗戦。2戦目も前半で21点差を付けられてしまう。第3クオーター(Q)には、ジュリアン・マブンガがコントロールするなど、新しい形を展開して点差を詰めたが、追い上げ及ばず70852連敗となった。

翌週の大阪エヴェッサ戦(同8・9日)も1戦目は敗れたが、2戦目で今シーズン初勝利を挙げた。続く3節の仙台89ERS戦(同1415日)は見事連勝を飾り、ブレックスは3週連続のアウェー6連戦を、33敗という結果で終えた。

佐々HCは、「最低でも4勝2敗ぐらいできればいいなと思っていたので、1勝届かず残念」としながらも、アウェー6連戦を5割で乗り越えることができことは、まずまずといった様子で、「この結果は、“最悪”ではないなと思っている」と振り返った。

「今シーズンは3連敗から始まってしまいましたが、それを振り出しに戻せたのは良かったです。ただ、内容的には満足していないです。バスケットの質も上げていかなければいけません」と、厳しい表情も見せていた。

 

(残り 4029文字/全文: 4735文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ